ヤムナ&ピラティス-bodyworkstudio+gym

腰椎と股関節の詰まり歪みと呼吸機能の関係@ヤムナ

骨盤・骨盤底筋と呼吸機能との関係にフォーカスしたWSに参加。

講師は、白木和恵さん、(ヤムナプラティクショナー・YBR資格トレーニングティーチャー・看護師・助産師・basiピラティスインストラクラー)

午前中は、「骨盤・骨盤底筋機能・腰椎と呼吸の関係を体感する」午後は、「床反力・腹圧・呼吸の関係を体感」

いつもの軽快なトークを織り交ぜながらの1dayワークショップでした。

午前中の呼吸機能と骨盤・骨盤底筋の関係の方が個人的にはとても興味深い内容でした。

呼吸機能に関係する筋肉は?との質問には、

主な筋肉は、横隔膜、内外肋間筋、胸鎖乳突筋、斜角筋、腹直筋、内外腹斜筋、腹横筋です。と答えますね。

上半身の筋肉、呼吸する時に動くのが視覚で感じられる筋肉群です。

でも少し学んでいくと呼吸に関して横隔膜についての知識を増やしていかなければいけないことに気がつきます。
その横隔膜と連動して動くのは、骨盤にある骨盤隔膜(骨盤底筋)、喉にある声帯隔膜が上下に連動して動くということを知りました。横隔膜だけではないのです。
そして横隔膜が動くから骨盤隔膜も動くのではなく、骨盤隔膜の動きに連動して横隔膜が動くということ科学的に立証されているようです。

その連動と呼吸との関係にフォーカスしたWSですので、アグレッシブになりました。

その骨盤隔膜(骨盤底筋)を動きやすくするには?

婦人科系疾患のある方、内臓疾患のある方、精神的に鬱になりやすい方は動きが悪いようです。

しかし、この部分ってネガティブな部分ですよね。

自分自身でのリリースするのが一番のところです。ヤムナの醍醐味を感じるワークです。

臀部筋、股関節周りの筋肉、腹部の筋肉、鼠蹊部がターゲットです。
言い直せば、ここが固くなっていたら、骨盤底筋は動かない。

骨盤周りの筋肉をゆるめることになります。
まずはお尻の部分からです。坐骨周辺と丁寧するにはハムストリングスも緩めておくといいですよね。
坐骨からまっすぐ上に骨盤と腰椎の境目までボールをあてます。
坐骨からちょっと内側から尾骨にあてないようにして、上に仙骨の脇を通って骨盤上まであてます。
坐骨に戻り、股関節の大転子の脇、溝の部分に向かって斜め横に動かします。
坐骨に戻り、骨盤のASISの方向へ向かって同じように斜め上に動かします。
ここで緩められる筋肉は、臀筋群と梨状筋などですね。

次にサイドです。股関節の大転子の部分から少し上に骨盤の境目までボールを動かし、そこから下部肋骨を引き上げながら、ボールを脚のサイドにに向かって動かします。その時に大腿骨を引き抜くように上体を引き上げながら。膝までの半分くらいのところまで動かします。

最後に前です。ASISにあてて身体を腕と脚を伸ばして身体を上下に伸ばします。そこからボールを骨盤の中に動かしていきます。骨盤の内側の腸骨筋を引き延ばすようにボール沈めます。今度はそのボールを鼠蹊部を通り越して脚の一番硬い部分に向かって動かしていきます。
そして最後は、ボールを恥骨にあてて、恥骨の上下左右を緩めます。そこからおへそまでゆっくりと身体を上下に引き伸ばしながら沈めていきます。

そしてついに骨盤底筋です。

これは昨年の11月に来日された時に少しだけお披露目されたワークです。

シルバーボールか、ゴールドボールを骨盤底筋部分にあてて、右の恥骨の前、右の坐骨までその周辺と左右にボールをあてます。

2018-2-6a

2018-2-6b

最後に息を吸ってみると、ワークを始める前と空気の入り方、胸の動き方身体の引き上がりが確実に変化していました。

ヤムナをやり始めたときに、お腹にボールを入れるのが一番の苦手でした。今はお腹が硬く感じるとすぐにボールで緩めます。

それはなぜか?

お腹を緩めると、身体が楽になるからです。ただそれだけ。。。

身体が楽になる理由は。。

呼吸が楽になる。
背中が楽になる。
歩くのが楽になる。

腰椎と背中に問題のある人はお腹が固いということを聞きます。
固いというのは縮まっているということです。だから緩めるのです。

お腹の腔がゆったりするとそこに空気が入ってきます。

風船を膨らませるように身体を円筒のように考えて、お腹から胸へと空気がいっぱい入って身体が安定するので動きが楽になるのです。

体幹を安定させるのには腹圧を高めることと言われますが、お腹の空気をドローインする感じ、ただ縮めるのではなく、引き上げながらお腹を薄くする感じで腹圧を高めると良いのかな。

身体は繋がっている。 ヤムナワークは、身体を予防医学的にケアする効果もありますね。 呼吸が楽になれば、大きく吸えれば、絶対に身体は健康なのですからね。 シンプルです。